教室の特色

ポリシー・経験と実績・ギターの魅力・理念

ストーリー

師匠の藤井敬吾先生 (ギタリスト・作曲家)に出会い、クラシックギターの先生になろうと決意した時、私は17歳でした。 
ギターを始めるにあたり、どんな物が必要なのかも知らず、ギターの種類や構え方はおろか、楽譜もほとんど読めない状態の初心者の私に、懇切丁寧にいちから教えていただき、ギターでできる音楽表現の可能性の広さを示していただいた師匠のような先生になりたいと思い、ギタリストになることを決めました。 
  
大阪音楽大学の入試までの半年間で、ギターの基礎技術、楽典、ソルフェージュを学び、何とか入学しましたが、幼少の頃から音楽教育を受けてきた周囲の学生達とのレベルの差に、入学早々愕然としました。
授業についていくだけでとにかく必死でしたが、遮二無二に勉強したことで、短大を卒業する頃には、すごく開いていたはずの周囲との差も、さほど感じなくなっていました。 
  
ですがそれも束の間で、翌年ギルドホール音楽院に入学すると、また周囲とのレベルの差に再び愕然としました。 
ただ、二度目の愕然には、また落ちこぼれに成り下がったという現実よりも、まだまだ伸びしろがあるという発見の方に、大きな喜びを感じました。 
  
周りに比べてかなりのスロースターターで落ちこぼれだった私ですが、そのような状況下でギター上達のためのノウハウと経験を培い、今では自信をもって技術を教授することができるまでになりました。 
そして、実際に生徒の皆さんの上達していく姿を見て、「ギターを始めるのに年齢や経験は、全く関係がない」ということに確信がもてました。

クラシックギターという素晴らしい楽器を、体に負担をかけることなく、たくさんの人に長く楽しんでもらえたら、こんなに幸せなことはありません。

ポリシー

私が師匠から教わった言葉で、レッスンを行う上において、
常に心に留めている4つの言葉があります。 

 

先生は、生徒に弾いて示せないといけない

口先だけではなく、行動が伴っていないといけない。
言い換えれば、先生は常に生徒より上手くないといけない。
また、そのための当然の努力を怠ってはいけない。
そう肝に銘じて、日々レッスンを行っています。
 

自分も最初は弾けなかったことを忘れてはいけない

生徒が弾けないことを叱ったり、苛立ったりする前に、もっとやるべきことがある。
慢心せず、初心を忘れてはいけない。
そのように教わりました。常に生徒と同じ目線に立って物事を見るように、意識しています。
 

本質がブレてはいけない

私はクラシックギターしか教えていません。
エレキギターやアコースティックギターも弾くことはできますが、
その道の本当のプロフェッショナルではないからです。
その道のプロには到底敵わない以前に、顔向けができない。
そして、生徒からレッスン料をもらうに値しない。
そういう理由から、クラシックギターの指導にだけ専念し、特化しています。
 

無理強いしてはいけない

人前で弾きたくない場合は、無理に弾かなくてもいい。
弾きたくない曲があれば、曲を変更してもいい。
無理してレッスンの予定を入れなくても、自分に合った無理のないペースで行えばいい。
これらはごく当たり前のことですが、最も尊重されるべき生徒自身の自主性を大事にしています。
 
 

この4つのルールが、師匠から教わった私の最も大事なポリシーです。 

経験と実績

私にとっての一番の経験と実績は、「ギターを始めるのに、年齢や経験は関係がない」ということを身をもって知れたことです。 
よく「音楽は子供の頃からやっていないと…」という話をよく耳にしますが、それは全く関係がありませんでした。 
  
実際に私の生徒の中には、ギターコンクールで入賞をする生徒も多々いますが、その方々をみてもギター歴や年齢は、あまり関係がありません。 
  
ギターはおろか、音楽も学校の授業以外にやったことがないという方でも、 
三ヶ月後には人前でしっかりと演奏を披露してくれました。 
  
不名誉なことに、ギターは楽器の中でも特に手や体を痛めやすいと云われています。 
その原因は、ギター人口が多いということもありますが、実際に手や体に無理な負担をかけて弾く人が多いからだと思います。 
例えば退職後に、ようやく好きなギターを好きなだけ弾けるようになった矢先に、手を壊して弾けなくなったとしたら、それは本当にいたたまれません。 
  
体に負担のない正しいフォームと基礎を効率良く学べば、ギターは何歳からでも臆することなく始められます。  

ギターの魅力

クラシックギターでは、メロディ・伴奏・ベース、
場合によってはパーカッションも一人で行いますので、
基本的にはギターソロで演奏することがメインとなります。
ピアノソロとできることは同じと、イメージしていただいて差し支えありません。
 
扱う曲は、クラシックギターのために作曲されたオリジナルの曲の他に、
クラシックギター用に編曲されたものがあります。

    • クラシックの名曲
    • ポピュラー音楽
    • ジャズ、ロック
    • ボサノヴァ
    • フラメンコ
    • 映画音楽
    • フォークや演歌 等々

楽譜さえあれば、何でも演奏できます。
実際に私の教室では、ジャンルを問わず、
生徒さんが弾きたい曲が弾けるようにサポートしています。


また、私はクラシックギターは、唯一無二のとても優れた楽器だと思っています。
 
少し専門的な話になってしまいますが、
クラシックギターは指先で直接弦に触れて音を出せる、唯一の楽器ですので、

    • 音色が多彩につけられる
    • 音程を自在に変えられる
    • 音量を微細にコントロールできる

これらの特性を備えており、これは音楽表現をする上で、
他の楽器には無いとても大きなアドバンテージになります。


また、ピアノと同じように和音とメロディを同時に奏でられるので、
旋律楽器の伴奏としても活躍します。
それ以外にも汎用性が高く、

    • ギター二重奏等のアンサンブル
    • ギターと他の楽器とのアンサンブル
    • ギター合奏
    • マンドリンギターオーケストラ 等々

本当に多くのコミュニティと楽曲が存在します。 


その他の魅力としては、

    • リーズナブルで始めやすいこと
    • 場所を選ばず、どこでも弾けること
    • 持ち運びができること 等々

本当にたくさんの魅力を備えた楽器だと云えます。

理念

私は「プロの演奏家になりたい」と思ってギタリストになったのではなく、 
「師匠のような先生になりたい」と思い、ギタリストになりました。 
まだまだ師匠の足元にも及んでおらず、未だ道半ばです。
 
クラシックギターの先生として、美しい楽曲とこの素晴らしい表現力の幅をもったクラシックギターという楽器をより多くの人に楽しんでもらうこと。
そして、手に取った人の心がより豊かに、より幸せになるようサポートしていくことが、私の人生のテーマです。 

HOME | 教室の特色

永田ギター教室_問合せバナー永田ギター教室_問合せバナー
永田ギター教室_吹田教室永田ギター教室_吹田教室
永田ギター教室_高槻教室永田ギター教室_高槻教室
京都ギターセミナー_バナー京都ギターセミナー_バナー
永田ギター教室_メール永田ギター教室_メール